住宅ローンの金利は上がることを考慮するべきか?

誰もが良い条件での住宅ローン利用をしたい、と考えているのは当然のことです。
しかしいくら金利の推移や現状の水準などをしっかり見極めて住宅ローンを申し込んだとしても、あくまでも推測にすぎず、今後の金利推移がどのような動きを見せるかというのは、誰にも断定することはできません。
突然上がることも考えられますし、ずっと現状をキープすることもありえます。
もしかすると低水準の今よりもさらに下がることもあるかもしれません。
重要なのは良い方向ばかりを考えるのではなく、悪い方向に向くこと、つまり金利が上がることを考慮したうえでの住宅ローンを組まなければならないということです。
特に変動金利型を選ぶ場合はこの点をじゅうぶん理解しておきましょう。
ソニー銀行住宅ローンQ&A!あなたの疑問を解消!【質問募集中】