結婚した看護師は夜勤のないクリニックや小さい病院に転職がおすすめ?

もはや日本は超高齢化社会です。
病気になったりケガをしやすい高齢者が増えることで、医者にかかる人の数を、そうした高齢者が押し上げて、看護師は忙しくなるばかりです。
労働環境は、決して整っているとは言えず、長時間の残業と夜勤を続けたため、結果として過労死を迎えてしまった看護師もいました。
夜勤はきついということで日勤だけの仕事にかえても、自宅療養の患者のための訪問介護の仕事があったりして、それら介護系の仕事でも、高齢者の急な増加により、現場は常に人手不足で、看護師の需要は高いままであり、看護師にかかる心身の負担は大きいです。
皆さんの中には、看護師の年収は高いと考えている方もいると思います。
逆に転職先として狭き門になっているのが、町医者や小さなクリニックです。
こういったところは就業時間が安定していて、大病院と違って日常業務がほぼルーティンワーク化しています。
そして、看護師の転職希望者の転職活動にもいろいろあり、その人の今の職場環境や生活環境でもそれは異なります。
とはいえ、ナースは夜勤がないとあまりお金を得ることができず、1年の収入が低いということがあるのです。
そのため、独り身の時は夜勤がある病院で働いて利益を得て、婚姻後は夜勤をしなくていい病院に再就職する人も多いです。
全国において、看護師の年収は平均して437万円くらいです。
でも、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員勤務であるので、年収は平均すると、593万円くらいになります。
公務員看護師は給料のアップ率も民間より高く、福利厚生の面でも充実しています。
準看護師の場合だと、看護師に比べて、平均年収が70万円程度低くなります。

看護師転職で年収上がる?大阪府の給料相場を徹底調査!【平均給与は?】