アコムマスターカードを学生が作るメリットとは?審査が甘いって本当ですか?

家事手伝いと学生、この2つは似ているようのも感じますがアコムマスターカードを作る際に同じように感じますが、実際は大きな違いがあります。

職業欄に家事手伝いと書いた場合はほぼどのカード会社でも審査に落ちると考えていいと言われています。

逆に主婦の場合は、カード会社によっては審査に通ることがあります。

なぜかというとどちらも収入はないですが、養ってくれる夫の存在がでかいからです。

夫が正社員として働いていて継続して安定した収入が見込めれば返済も行われるだろうと判断できるためです。

作ってもあまり使わないということもあるためカードを新たに作る時は年会費無料のカードを申し込みましょう。

学生がネットショッピングをするのにクレジットカードがあると便利なので申し込んだら審査落ちしてしまったという人の話を聞きます。

落ちる原因として多いのが信用情報に問題があることです。

例えば、以前借りていたローンの返済が滞ってしまった、公共料金の支払いをうっかり忘れてしまったといった場合です。

こういった返済期日、支払い期日があるものをしっかり払えていないとアコムマスターカードを利用した後に引き落とし日に口座にお金が入っていないことがあると思われてしまうからです。

最近増えているのが携帯料金の払い忘れが理由の場合です。

特に学生や社会人なりたての人はアコムマスターカードなどの知識が少ないことも多いので気をつけましょう。

買い物をして会計時に現金の持ち合わせがないことがわかったときやネットショッピングなど利用する場面の多くなってきているクレジットカードですが新社会人の方などはまだ所持していないことがあります。

最近では、ライブなどのイベントで転売防止で電子チケットが採用されることも増え、アコムマスターカード払いのみ可能なんていうこともあります。

アコムマスターカードを持っていないとイベント参加を諦めてしまうことになりますが即日審査・即日発行できるカードもあるんです。

例えば、イオンカードの場合ではWEBで申し込みをして審査結果がその日のうちにわかります。

審査に合格していれば店頭でその日のうちに発行できます。

最近、イベントなどで電子チケットの利用が増えてきました。

イベントによってはアコムマスターカード払いしかできないなどほぼ必需品のようになっていると言ってもいいレベルです。

そのため、アコムマスターカードを作ろうとした時に審査通らないということが起きないように重要なポイントを確認しましょう。

審査時に重要なのは安定した収入があるかや職業などの属性がどうなのか、信用情報にキズがないかという部分です。

例えば、正規雇用ではなく、フリーターなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると多くの人から言われています。

クレジットヒストリーについては支払い期日ちゃんと守って払われるかを見られています。

ローンなどの金融関係の申し込みを行う時に必ず、勤続年数を入力する欄がありますよね。

学生の審査でどんな影響をもたらすのかが気になったので調べてみました。

クレジットカードの場合、勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが新社会人などの若者をターゲットにしているカードでは1年未満でも大丈夫です。

審査では返済履歴などの信用情報のように重要な項目が他にあり、確認のしようがない項目はそれほど大きな影響にならないという説もあります。

ただ、最近では転職する人も増え、転職したばかりの人が申し込む際にカードが欲しいために盛った情報を書いてしまうこともあります。

そこで以前のクレジットカードの利用履歴が出てきたら辻褄が合わなくなりバレてしまうことになます。

ここ数年、イベントのチケットなどが電子チケット化し始め、クレジットカードが必要な場面も増えてきました。

現在、アコムマスターカードを持っている方はいいのですが持っていない場合はカード会社に申し込んで発行しなければいけません。

初めてカードを発行する場合、気になるのが審査がどうなっているのか、基準は厳しいのかということです。

審査のポイントとしては、継続して安定した収入があるのかという部分とクレジットヒストリーとも呼ばれる信用情報です。

収入面は年収などから返済能力がどのくらいあるのか、信用情報は期日通りに返済してくれる人なのかを見ています。

高額な買い物をする際やネットでの買い物など色々な場面で活用されているクレジットカードですが、新社会人の人などはまだ持っていないという人も多いのではないでしょうか。

まだカードを作っていない人にとって心配なのは審査基準がどうなっているのかわからず審査に落ちるかもしれないということです。

基本的に学生の審査で重要と言われているのがクレジットヒストリーです。

信用情報とは、ローンなどの支払い履歴のことです。

審査の際にカード会社はこの情報を記録している機関に情報照会をして過去にトラブルが発生していないかを確認しています。

住宅ローンなどでも信用情報は重要なので早いうちに実績を作っておきましょう。

就職をして社会人になった際になるべく早く用意したいものとして学生がアコムマスターカードを挙げる人も多いです。

なるべくなら大学生のうちに作っておくべきという人もいるくらいです。

なぜかというと、学生という早いうちからアコムマスターカード決済を使ってクレジットヒストリーが積み上がる利点が大きいからです。

参考:アコムマスターカードは学生でも作れる?審査は厳しい?【収入は?】

クレジットヒストリーがあるとローン審査で有利になります。

逆にここでカード決済のトラブルが何度も続くと信用情報が悪くなり、ローンなどを組む際に不利になります。

クレジットヒストリーはアコムマスターカードの支払いだけでなく水道料金や最近多くなっている携帯料金の払い忘れも信用情報にキズがつきます。

職場の人にあまり知られたくないことといえば例えば、ローンやアコムマスターカードの申し込みをしたことなどです。

そのため、カードは作りたいのに在籍確認の電話の有無やその際にどんなことを聞かれるか不安で申し込めないという方もいるようです。

そもそも本当に在籍確認の連絡があるのかデータがないか調べたところカードを作った300人に対してアンケートを行った結果、約20%の人が電話がかかってきたという調査もあります。

なので、絶対に連絡のないカード会社というものはないと考えられます。

ただ、カード会社によってはその確率が低くなることもあります。

学生のスピード審査をウリにしているカード会社は低くなっていると考えられます。

ローンや学生がアコムマスターカードを申し込む際に重要なことって何かわかりますか?年収という人もいれば、信用情報という人もいます。

場合によっては職業などの属性をあげる人もいますね。

では、実際にこれらは審査に当たってどんな意味があるのかを確認しましょう。

年収つまり収入は安定した収入があれば借入できる金額や毎月の返済額がいくらまでなら大丈夫なのかを計算しています。

職業などの部分も安定した収入が見込める正社員か、アルバイトの場合は収入が不安定に見られることが多いです。

信用情報は公共料金の支払い期日などが守られているかを見ており、ちゃんと期日通りに支払いが行われるかを見ています。

最近では、電子チケットの活用など様々な場面で利用するアコムマスターカードですが、申し込みをするのに必要なものは何があるのでしょうか。

まず、審査時に必要なのは免許証などの本人確認書類です。

申込者が学生の場合は学生証のコピーなども本人確認書類として認められる場合もあります。

他には、利用料金を引き落とす銀行口座と発行したカードを送付してもらう住所が必要です。

口座を入力する際などは口座手帳などを手元において金融機関に登録した銀行印が必要になります。

クレジットカードについて周りの人に話を聞くと勤務先に電話連絡で在籍確認がきた人ときていない人がいます。

中には、カードを作る際に連絡をされたくない人もいると思います。

ただ、絶対に連絡のないカード会社というものはなく可能性が低いカード会社を選ぶしかありません。

連絡の可能性が低いとされるカード会社の特徴としては、最短30分など学生のスピード審査をウリにしている会社です。

スピード審査の場合、すべての申込者に対して、人力で全てを確認することができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

機械審査のため、電話が来る可能性が少ないと言われています。

ネットショッピングで便利なのでクレジットカードが欲しいと思い調べてみるとカード会社やゴールドカードなど種類が多くてどれを選べばいいかわからないという場合もあるのではないでしょうか。

特にカード会社ごとに独自の審査基準を設けている場合が多く審査に通るのが難しいカード会社も中にはあります。

プラチナカードやブラックカードという単語をテレビなどで聞いたこともあると思いますがこの2つに関してはカード会社から案内されないと作れません。

自分から申し込んで発行できるカードはゴールドカードまでとなっています。

カード学生の審査では年収と信用情報が重要と言われています。

少しでも早くカードを手に入れたいという場合は審査が早い会社ランキングなども参考にしてみてください。

アコムマスターカードを申し込んだ時にカード会社は収入証明を提出していないのにどのように収入情報を見ているのでしょうか。

知っているかもしれませんが、審査の時に確認しているのは収入だけではないんです。

まぁ全国の企業の年収の平均を知る方法がないので当然のことですね。

同じ業界、同じ職種で勤続年数が何年くらいだから過去の申し込み者の中からその業界、職種で勤続年数が何年くらいだから年収もこのくらいもらっているだろうというデータがあり、そのデータと比較した時に変な部分がないかを見ています。

そのため、大きな違いがなければ本人申告された年収でスコアリングが行われます。

乖離が大きく、怪しい場合は収入証明書の提出が必要になります。

クレジットカードについて調べているとこのような話が見られます。

それは住宅ローンを契約していてもアコムマスターカードは作れるの?ということです。

そういった話の中でたまに、銀行機関で住宅ローンを借りているからこれから作る信販系のアコムマスターカードとは関係ないと思っている人もいますが両方とも個人信用情報機関に情報を記録しているので完全に無関係とは言えません。

審査の面でも住宅ローンを問題なく返せていれば逆にプラスに捉えられることもあるくらいです。

滞納せずにローンの返済ができている状態で審査に落ちた場合は、申込書に書いてある属性などの他の部分を疑ったほうがいいでしょう。

見落としがちなのは不注意などで公共料金の払い忘れることなどです。